受験勉強だけではありません

幸せに生きる力と知恵の育成も目指します

時代の変化と価値観の多様化により、今までの教育が急速に通用しなくなっています。

そんな中、現代でも通用する実践的かつ新しい教育の形が求められています。

 受験勉強だけでなく、それを通じて「生きる力」を伸ばすこと

 ただの知識の詰め込みだけでなく、生徒本来の幸せにつながる「知恵」を身に付けること

お子さんを持つ親御さんの願いは、いつの時代も「子供の幸せ」です。

そうであれば、まず教育は「生徒の未来の幸せ」のためになされるべきです。しかし、私たちはそれでも十分とは考えていません。

生徒が自分自身を幸せにし、さらに周りの人を幸せにし、その幸せを地域や世界に広げていける。

そんな大人に育てることを目的に私塾という形を通じ貢献していきたいと思っています。

未来につながる学力、自立するために必要な「10の力」

計算力

   基礎的な計算をていねいにすばやく正確に解く。数の概念をしっかり身に付ける。

漢字力

   学年配当の漢字はすべて書くことのできる力。新聞や雑誌に出てくるような漢字を読める力。 漢検取得について

暗誦力

   簡単な詩歌、古文、英語の文などを時間内に暗誦できる力。

時事力

   日本の都道府県の位置と名前が書け、また世界の主な国々の場所、名前が書ける力。

   また歴史上の事件、現在の社会の出来事を知る力。

英語識字力

   ローマ字をすばやく認識し、英単語を一定数書けて、発音でき解釈する力。

言語構成力

   文の仕組みを論理的に理解し、客観的な方法で文章の内容を理解する力。
発見力

   好奇心を持って何事にも取り組み、「?」を考える力、「!」に感じる力。

熱中力

   ひとつの物事に、時間を忘れるほど一生懸命取り組む力。

常識力

   昔から生活の中で養われた常識を身につける力。(ことわざ・慣用句・自然現像・時事など)

努力

   努力を持続させ、気力を養い、自分で勉強できる力。

 

これらの力+「心の力(自立でき、社会に貢献することによって喜びや幸せを感じる力。)」があればどんなに困難な局面にあっても力強く生きていけるお子様になれると思っています。